初めての方へ 料金
TEL LINE
MENU

有痛性外脛骨

 

スポーツをしている子によく見られる症状に、有痛性外脛骨というものがあります。ストレッチだけで治るものではありません。痛みが長く続いている方や、成長期を迎えたお子様の場合は、症状を軽視せずに、きちんと対応したほうが良いでしょう。早めに専門院で施術を受けましょう。
坂井市坂井町長畑の東十郷接骨院にお任せください。

「有痛性外脛骨とは」

サッカー・バドミントン・バスケットボール・陸上などのスポーツをしている子に多く、土踏まずの所(内くるぶしの下)がボコッと出っ張って痛みが出ます。ただし、スポーツをしていなくても足の捻挫などの後から痛くなることも多々あります。スポーツでの繰り返しの動作や捻挫をして足のバランスが崩れ、負担がかかりやすい状態になると有痛性外脛骨になりやすくなります。主な症状は、走ると痛い、ジャンプすると痛い、足首を動かすと痛い、出っ張っている所を押すと痛い、歩くと痛いなどがあります。

「有痛性外脛骨は治ります!」

外脛骨があっても多くの人は無痛のまま生活ができます。しかし、スポーツをしている人や捻挫をした後から痛みがでる人もいます。要するに外脛骨に負担がかかる原因が体の中にあるのです。

患部を押すと痛いためその箇所にも原因は存在しますが、それだけではありません。足関節の動きに異常があったり、骨盤、股関節などの動きの問題で痛みが発生することもあります。外脛骨の部分を触らなくても痛みが取れる事も多々あります。東十郷接骨院ではまず徹底した原因究明を行い、原因を取り除く為に適切な施術を行ってまいります。痛い施術は行いませんのでご安心ください。

福井県福井市、坂井市、あわら市、鯖江市、越前市など福井県全域のみならず、他県からも多くの患者様にご来院頂き成果が出ております。
坂井市坂井町長畑の東十郷接骨院なら専門的な施術が行えます。お気軽にご来院ください。

「有痛性外脛骨早期スポーツ復帰のための注意事項!」

上記にも述べましたが、必ずしも内くるぶしの下だけに原因があるわけではありません。むしろ他に原因があることがほとんどです。以下のことは早期改善のため行わないよう注意しましょう。

・患部のアイシング・・・炎症が起きているから痛い訳ではないので患部を冷やす事により、血流が悪くなり、かえって回復力が低下します。お風呂にゆっくり浸かる事をお勧めいたします。

・湿布・・・アイシングと同様です。

・テーピング・・・転院してくる患者様の中にテーピングをしていた事がある子がいます。少し軽減するぐらいで根本的な解決にはなりません。むしろ治りが悪くなる場合がほとんどです。原因を考えた場合、逆効果になるためテーピングはやめましょう。

・強いマッサージ・・・筋肉を傷めつける可能性があります。周りの筋肉まで損傷する恐れがあるためご注意ください。

・痛いストレッチ・・・かえって緊張が強くなる可能性あります。痛くない程度に行いましょう。

・押して痛い所を押してみる・・・損傷が広がる事がございますので押さない様にしましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒919-0511 福井県坂井市坂井町長畑11-14-1
予約午後診療予約制(15:00~19:00)
お電話・LINE・メールでのご予約が可能です。
※午前診療(8:30~12:00)は予約の必要はございません。
※第3土曜日は午前診療のみですが予約制になります。
電話番号0776-66-3181
駐車場5台 接骨院西側に駐車スペースあり
休診日日曜・祝日
水曜・土曜午後
(技術向上の為、研修参加時臨時休診有り)