TEL
MENU

シンスプリント

 

 

 

 

なかなか治らない厄介な痛みのひとつであるシンスプリント。どのような治療を施しても、その効果が実感できない痛みであるといわれています。諦めないで施術すれば治ります!
坂井市坂井町長畑の東十郷接骨院へお任せください!

「シンスプリントとは」

脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、運動時および運動後に下腿中下1/3部の脛骨内側後縁に痛みを訴えるスポーツ障害です。ランニングやジャンプなどの運動によって起こることが多く、慢性的な疼痛と圧痛が主な症状として現れます。
年齢は10代から40代、特に16~17歳ぐらいに多く、女性は男性の約1.5倍の発生頻度です。原因となるスポーツは、陸上競技、バスケットボール、サッカーなどに多く見られます。 また、中学、高校や大学の新入部員や合宿などで練習量が急激に増加した時に発症する事が多いので、この時期特に注意が必要です。

「シンスプリントは治ります!」

”痛み”があるということは必ず原因があります。転院された患者様の多くは患部にアイシングをしたりテーピングをしたりと対症療法を行ってきたケースが多いようです。坂井市の東十郷接骨院ではアイシングやテーピングは行わず、シンスプリントになった原因をつきとめ、根本的に改善していきます。自然形体療法を用いて原因を見つけ出し、適切な施術を行い、自宅でできる自己療法を行ってもらい早期改善を目指しましょう!

「シンスプリント改善のための注意事項!」

シンスプリントを早く治すために以下のことはご注意ください。

・アイシング・・・患部の炎症により痛みが出ている訳ではございません。かえって血流が悪くなり回復を遅らせるため、行わないようご注意ください。

・湿布・・・アイシングと同様です。

・強いマッサージ・・・患部や患部周辺を指圧したり揉むことにより、損傷が広がる恐れがあります。シンスプリントの場合、筋肉が弱くなっている場合がほとんどなので、ご注意ください。

・痛いストレッチ・・・緊張が強くなる可能性がありますので、痛くない程度に行いましょう。

・テーピング・・・テーピングをすることにより患部は安定され痛みは軽減されますが、その分周りの組織に負担がかかるため回復速度が遅れます。必ずしも痛い所だけに原因があるわけではないので、行わないようにしましょう。

「痛みがあるなら」

スポーツ障害で苦しむ、学生の代表的な症例がシンスプリントです。
症状がでると、痛みや不安なことがたくさんあるかと思います。「あれ?なんか痛みが?違和感が、もしかしてシンスプリント?」と思ったら、坂井市坂井町長畑の東十郷接骨院に是非ご来院ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒919-0511 福井県坂井市坂井町長畑11-14-1
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
(受付時間外に予約施術を行っています)
毎月、第2金曜日午後の部と第3土曜日は完全予約制です。
電話番号0776-66-3181
駐車場5台 接骨院西側に駐車スペースあり
休診日日曜・祝日
水曜・土曜午後
(技術向上の為、研修参加時臨時休診有り)


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。