TEL
MENU

Blog記事一覧 > 有痛性外脛骨 症例報告 > 有痛性外脛骨、かかとの痛み

有痛性外脛骨、かかとの痛み

2015.09.08 | Category: 有痛性外脛骨 症例報告

★小学生男子 バスケ★

5ヶ月前に足首を捻挫し、整形外科に受診

有痛性外脛骨と診断を受ける

最近になってレントゲンを再び撮るも変化なしと言われる

HPで検索し当院に受診

 

症状は

くるぶしの下を押すと痛い

走ると痛い

ジャンプすると痛い

捻ると痛い

 

初回、2回目は通常診療の時間に施術

1つの方向から押すと痛みがあるため組織が潰れている状態

組織を修復していく

 

3回目は予約施術

押しての痛みはしばらくして消失

試しにジャンプ、ケンケンをしてもらう

”痛くないです!”

その後押すと痛みが少し出る

施術後消失

 

4回目(予約施術)

話を聞くと押しての痛みは完全に消失したが、かかとの裏に痛みが・・・

その場で痛みは消失

 

5回目(予約施術)

練習後に強く押すと痛みが出る

動きの中で痛みはなし

 

6回目(予約施術)

通常の練習は問題ないが、1日練習になるとかかとに痛みが出る

緊張、疲労を取り除きその場では痛みは消失

改めて自己療法を確認、継続してもらう

 

7回目(予約施術)

ひと月近く空けての来院

1日練習、試合では痛みなし

強く押しても痛みはでなかった

ここまでくれば問題なし

終了となった

 

 

有痛性外脛骨は適切な施術を行なえば必ず改善するスポーツ障害です

多くの有痛性外脛骨の患者さんを診てきましたが、最初は片方だけの痛みが庇っていたため反対の足にも症状が現れたり、別の箇所が悪くなったり、歩き方がおかしくなってしまう子もいました

おかしいなと思ったら我慢せず早期治療をおすすめいたします

お悩みの方は、坂井市坂井町の東十郷接骨院にご相談ください(^o^)b

 

 

 

むち打ち症、交通事故による外傷、オスグット病、シーバー病(踵骨骨端症)、子供の成長痛、有痛性外頸骨、シンスプリント、五十肩、野球肩、野球肘、その他肘の痛み、手首の捻挫、座骨神経痛、ぎっくり腰、腰痛、半月板損傷、膝の捻挫、膝痛、打撲、肉離れ、足首の捻挫、その他のケガ、慢性疾患、でお悩みの方は一度ご相談ください。
東十郷接骨院
福井県坂井市坂井町長畑11-14-1
TEL&FAX0776-66-3181
http://higashijugo-sekkotsuin.jp/

当院へのアクセス情報

所在地〒919-0511 福井県坂井市坂井町長畑11-14-1
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
(受付時間外に予約施術を行っています)
毎月、第2金曜日午後の部と第3土曜日は完全予約制です。
電話番号0776-66-3181
駐車場5台 接骨院西側に駐車スペースあり
休診日日曜・祝日
水曜・土曜午後
(技術向上の為、研修参加時臨時休診有り)


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。